ブログの更新に関するお知らせ

white ceramic teacup

 

 

久しぶりの更新になってしまいました。

本当はいつも通り更新するはずだったのですが、最近ブログにかかりきりだと夫に遠回しに注意されてしまい、ブログから距離を置いていました。

自分でも時間配分がうまくいっていないと思っていたので、この冷却期間にブログとの付き合い方を見直してみようと真剣に考えてみました。

 

 

 

ブログのメリット

 

● 多くの人と知り合い交流できる

 

これが一番大きな収穫です。ブログを通じて自分と同じ趣味を持った方々、全く知らない知識を与えて下さる方々と交流できる。それが一番面白いと感じています。

 

 

ブログで料理を紹介することで、普段より美味しい料理を作ることができる

 

元来ものぐさ、ズボラ、面倒くさがりプラスおっちょこちょいの私。料理をする時も適当さが出てしまい、計量器具を使わなかったり、調味料を入れ忘れるミスがしばしば発生します。しかしブログに載せることを意識することで正確さを求めるようになり、ミスもなくなりました。

 

 

可愛い動物たちの写真に癒される

 

動物全般好きなので、動物関連のブログもいくつかフォローさせていただいてます。写真見るだけで癒されますし、将来動物を飼う時の参考にもなります。

 

 

 ● 日本情報を仕入れることができる

 

外国に住んでいると日本事情に疎くなりがち。なので日本の時事、日本で流行っている食べ物、日本の優れた製品、美味しいレストランを紹介してくださるブログは、次帰省する時の参考になって非常にありがたいです。

 

 

 

 

ブログのデメリット

 

● 家族との時間が削られる

 

これが最大のデメリット。ブログに割かれる時間が多すぎて、特に子供たちをかまう時間が減っていました。

 

 

● 和食やエスニックを作る機会が削られる

 

北欧料理は結構重いものが多いんで、ブログ始める前はこんなに頻繁には作ってませんでした。和食、エスニックも好きなので以前はバランスを考えた献立だったのですが、最近偏ってました。誰も文句は言いませんが、もうちょっと違う系統の料理も増やしたい。

 

 

● 他の好きなことに時間を割けない

 

私の場合一日になんにも考えずにリラックスする時間が朝晩2回必要なので、ブログをやっていると読書や工作など、他の趣味に時間を費やせなくなりました。

 

 

 

 

ブログを一時中断してみて

 

まず初めにしたことは図書館で本を借りること。ブログで本の紹介を見る度に何か読みたくてうずうずしていたのです。日本の小説を読みたかったので、図書館で借りれるものを探しました。その中で一番興味を持ったのがこれ。

 

猫の客 (河出文庫 ひ 7-1)

猫の客 (河出文庫 ひ 7-1)

  • 作者:平出 隆
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2009/05/30
  • メディア: 文庫
 

あいにく近くの図書館にはなかったので取り寄せて読み始めました。日本語版もいつか読みたいです!

 

仕事帰りと休日に余裕ができたので家族との時間が増えました!

 

ブログの最大のメリットである皆様との交流は、ブコメやコメント欄で続けられるので私としては大満足です!

 

 

というわけで今後もブログの更新は控え、ブログと関わる時間は減らしますが、今後も皆様のブログにはちょこちょこ顔を出し、紹介したい料理があった時は随時更新したいと思います。

 

 

f:id:msnokka:20200208140631j:plain

 

 

バナナシェイク×ライスの味☆空飛ぶヤコブ

f:id:msnokka:20200128005458j:plain

 

航空運送の仕事をしていたオーヴェ・ヤコブソンという 方が考案したFlygande Jacob(フリューガンデ・ヤコブ)。

今回はこの一風変わったスウェーデン料理を紹介します。

色々ツッコミどころのある料理ですが、最大の特徴は何といってもバナナとホイップした生クリームが使用される点でしょうか。

デザートではありません。

料理にバナナ、時々聞きますが私はすごく抵抗があり、この空飛ぶヤコブも絶対作らん!と思ってました。

でも、スウェーデン人は好きな人多いし、こういう北欧にしかない料理だからこそ日本の方にも知ってもらうべきかと思い、先週恐る恐る作りました。

 

結果、子どもたちは食べれなくはないが好きというほどでもない。

夫は食に対して保守的なんで、私が作る前からヤコブは食べないと宣言してました。

しかし私の感想は、結構いける、でした。

絶対美味しくはないと思っていたので本当に意外でした。

バナナシェイクに塩を混ぜてご飯と一緒に食べているような感覚でしたね。

この例えだけだと、吐き気を催しますが、それがまずくはないのが不思議です。

中にはまずいと感じる人もいるのでしょうが、私は嫌いではありませんでした。

まさに新感覚。

 

ところが、残りを翌日のお弁当として持って行ったとこ、まんまと気持ち悪くなりました。

食当たりではありませんが昼食後からずっと気持ち悪かったですね。

おそらく量が多すぎたせいもありますが、二日続けて食べるにはカロリー高すぎ、濃厚過ぎなんだと思います。

子供のころからホイップクリームをたくさん食べると気持ち悪くなっていたので、体質にもよるのでしょうか。

 

というわけで私の最終評価。

作り立てはまあまあだけど、二日連続で食べるには重すぎるので、その日のうちに食べきりましょう。 

 

ちなみに、以前も書きましたが、北欧は日本のような華やかなお弁当文化がないので、残り物を翌日のお弁当にするのは当たり前です。

私がズボラ過ぎる訳ではないのですよー。

空になったアイスクリームの容器に詰めて、それごとレンジで温めてる人も割といるのですが、それって安全性は大丈夫なの?と時々思いますね。

 

 

 

 

 材料(5人分)


  • 鶏肉 4枚
  • 油 大1
  • バナナ 2本
  • 生クリーム 400ml
  • チリソース(ハインツもしくはアジア風) 1dl
  • 塩 小1/4
  • 胡椒 少々
  • ベーコン 150g
  • 有塩ピーナッツ 1dl

 

 

 作り方


  1.  鶏肉は食べやすい大きさに切り、油を熱したフライパンで炒める。塩胡椒を軽く振っておく。耐熱容器に移す。

    f:id:msnokka:20200128005533j:plain

      

     

  2. バナナを縦長に4等分し、鶏肉の上に並べる。

    f:id:msnokka:20200128005606j:plain

     

     

  3.  生クリームを8分立てくらいに泡立て、チリソースと塩胡椒を混ぜる。2の上に拡げる。225℃のオーブンの下段で20分焼く。

    f:id:msnokka:20200128005543j:plain

     

     

  4. ベーコンをカリカリになるまで焼き、細かく刻む。

    f:id:msnokka:20200128005600j:plain

      

      

  5. 3が焼けたらピーナッツとベーコンを散らし、ごはんに添えていただく。

    f:id:msnokka:20200128005538j:plain

 

前回の記事で紹介したセルリアックについて、ボルドー在住のid:Lifeinabroadさんから貴重な情報をいただきました。

千切りにしてマヨネーズの入った白いソースと絡めて食べると美味しいそうです。

確かに細く切ってサラダにすれば普通にセロリサラダとして食べれそうです。

今度試してみます。

Lifeinabroadさん、ありがとうございました!

 

 

 

 

よろしければクリックお願いします!

  にほんブログ村 料理ブログへ

セロリとケールのさっぱり炒め

 

f:id:msnokka:20200129014307j:plain

 

 

子供の頃はセロリが嫌いだったのですが、高校時代にレストランで食べたセロリ入りコールスローが美味しくて、それ以来セロリ好きになりました。

なのでよく食べるのですが・・・

こちらに移住して初めて夫にセロリを買ってくるよう頼んだ時のことです。

夫が買ってきたのはこれでした。

 

f:id:msnokka:20200130011131j:plain

 

初めて見る野菜だったのでセロリと言われてもわけわからなかったのですが、セロリの仲間、セルリアックという根菜だそうです。

その時何を作ったのかは忘れましたが、仕方ないからこれ使いました。

確かに味はセロリなんですが、食感、歯ごたえ、全然違うんでものすごい違和感。

それ以来セルリアックは食べてません。

西洋だとセロリと言えば根っこだと思ってる人もいるようなので、皆さん気を付けてください。

 

個人的にはやっぱり茎が美味しい。 

 

 

 材料(2人分)


  • セロリ 2本
  • 玉ねぎ(小) 半分
  • にんにく 1片
  • ケール 1枚
  • オリーブオイル 大1
  • ☆塩 少々
  • ☆粗挽き黒胡椒 少々
  • ☆ハチミツ  小1/2~小1
  • ローストピーナッツ(有塩) 1/4dl
  • レモン汁 小1

 

 

 作り方


    1.  玉ねぎ、ニンニクはみじん切り、セロリは輪切り、ケールは食べやすい大きさに切る。オリーブオイルを熱したフライパンで玉ねぎとニンニクを中火で3分炒める。

      f:id:msnokka:20200129014336j:plain

       

       

    2. ケールを加え2分炒める。☆で味を調えて火から下す。

      f:id:msnokka:20200129014351j:plain

       

       

    3. 軽く砕いたピーナッツをまぶす。皿に盛りつけたらレモン汁を絞って出来上がり。

      f:id:msnokka:20200129014345j:plain


       

 前回の記事で、嫌がる子供の予防接種や採血はどうするの?という疑問を書いたとこ、現役ナースのなんちゃってナースさんからこのようなご回答をいただきました。  

 

"ナースでもお父さんでも良いですが膝の上に子供を抱き大人の両足で子供の大腿や足を挟みます。大人の身体と両腕で子供の肩から被さるように腕や手を押さえます。"

 

なんちゃってナースさん( id:NANNCHATTENARSEMIMI)、丁寧に教えていただきありがとうございます!  お父さんが付き添いで来ていたのは、もしかして体が大きい男性の方が暴れる子を簡単に押さえつけれらるからかもしれません。 しかし10分くらい暴れていたようなんで大分手こずったのかな。 もしかしたら新人ナースだったのかもしれませんね。

 

 

よろしければクリックお願いします!

 

 

 

  にほんブログ村 料理ブログへ

ハチミツマリネチキンライス

   

f:id:msnokka:20200126110945j:plain

 

週の初めから採血に行ってきました。

ホールで順番待ちをしていた時のこと、父親と一緒に来ていた4,5才の男の子の順番になりました。

父親は先に立って部屋に向かおうとしたのですが、 子供は椅子の脚に自分の足を絡みつけて動こうとしません。

父親と看護師さんが説得しても意地でも動かんといった感じでしたが、しばらくすると何が少年の心を動かしたのか、彼は自ら席を立って父親と看護師さんと共に個室へ入っていきました。

その光景を見て、ホールにいた人たちは皆、良かった良かったと思ったことでしょう。

ところが数分後、親子が入っていた個室から悲鳴が。

「ギャァァァァ!ヤダー!ヤダー!」と泣きわめく男の子の声。

その後も阿鼻叫喚が10分ほど続きました。

 

うちの子達は予防接種はおとなしく受けていたので気づきませんでしたが、子どもだったらこういう子結構いますよね?

予防接種や採血なんて、おとなしくしてくれないと危険だし、親も大変だけど、看護師さんも大変ですよね。

赤ちゃんなら簡単に押さえつけられるけど、ある程度体が大きくなった子が喚いた場合はどうするのかなと不思議に思いました。

 

 

さて今回のお料理は、以前紹介したハチミツマリネチキンを使った簡単な一品。

msnokka.hatenablog.com

マリネしたチキンと野菜と共にお米をフライパンで炊き、ギリシャヨーグルトを絡めるだけです。

私はいつもすぐ炊けるお米を使っているのですが、日本のお米を使う場合はもっと時間がかかると思うので調整してみてください。

 

 

 材料(5人分)


  • ハチミツマリネチキン 400g
  • 油 大2
  • 米(バスマティライスやジャスミンライス等が望ましい) 3dl
  • カレー粉 小1~1½
  • 水 5dl
  • にんじん 1本
  • お好きな野菜 100g程度
  • ギリシャヨーグルト 350g
  • 塩 小1
  • 粗挽き黒胡椒 適量

 

 

 作り方


  1. 鶏肉をマリネしておく。

     

    msnokka.hatenablog.com

     

      

  2. 油を熱したフライパンで米とカレー粉を炒める。鶏肉を加え、表面に色が少しつくまで炒める。

    f:id:msnokka:20200126111045j:plain

     

  3. 水を加え煮立ったら蓋をし、弱火で15分煮る。

    f:id:msnokka:20200126111120j:plain

     

  4.  細かく刻んだにんじんとその他の野菜を加え、蓋をして更に10分煮る。

    f:id:msnokka:20200126111111j:plain

     

  5. ギリシャヨーグルトを絡め、塩胡椒で味を調える。火から下す。

    f:id:msnokka:20200126111052j:plain


     

 今回はネギを入れたのですが、息子には不評でした。

f:id:msnokka:20200126111100j:plain

 

 

 

 

よろしければクリックお願いします!

  にほんブログ村 料理ブログへ

ブロッコリーとアーモンドのグリル

 f:id:msnokka:20200121110502j:plain

 

この冬は北欧も日本と同じく暖冬です。

またあの寒さがやってくるんだと秋から待ち構えていたので、やや拍子抜けであります。

仕事で知り合った20代の男性は、10歳頃まで灼熱のアフリカで育ったため、今年の暖冬を喜んでいました。

アフリカ出身なら関東出身の私よりも寒さは身に染みることでしょう。

来年からは11月~3月までは祖国で過ごし、それ以外は北欧で暮らすそうです。

そんないいとこ取りの夢のような生活、私もしたい。

アフリカ行っている間仕事はどうすんだ?と思いましたが、それには触れませんでした。

なんとなく育ちの良いお坊ちゃまっぽかったですし、彼の国は北欧より物価は大分安いはずなのでお金はなんとかなるのでしょう。

日本がもっと物価が安くて、モッカ家がブルジョワだったら、我が家も夏の間は北欧に避難して、冬の間は日本に避難するという暮らしも夢ではなかったかもしれません。

まあ、今年の冬くらいなら避難せずとも大丈夫かな。

冷え性の私には大変ありがたいのですが、地球の未来や白熊達のことを考えると胸が痛い。

小泉大臣にはクールもセクシーさ求めないんで、とにかく真剣且つ必死に取り組んでいただきたい問題です。

 

料理とは全く関係ない話が長くなりました。

お料理は...ブロッコリーとアーモンドのグリル。

サクセスケーキで使ったアーモンドの残りで作ったサイドディッシュです。

本当はレモンを使いたかったのですが、あいにく家に無かったのでオレンジで代用しました。

 

 

 

 材料(4~5人分)


  • ブロッコリー 600g
  • にんじん 1本
  • レモン/オレンジ 1個
  • オリーブオイル 1/2dl
  • モッツァレラチーズ 1玉
  • クラッシュアーモンド 1dl
  • 塩 少々

 

 

 

 作り方


    1.  ブロッコリーを細長く、にんじんはスティック状に切る。レモン/オレンジはよく洗って半分に切り、片方は果汁を絞り、片方は八等分に切る。

       

       

    2. オリーブオイルとレモン/オレンジの果汁をボウルで混ぜタレを作る。ブロッコリーとニンジンをボウルに入れ、タレにからめる。

      f:id:msnokka:20200121115528j:plain

       

       

    3. ブロッコリーとにんじん、オレンジを耐熱容器、もしくはクッキングシートを敷いた天板に乗せる。上からクラッシュアーモンドを散らす。250℃のオーブンで10~15分焼く。

      f:id:msnokka:20200121115706j:plain

       

       

    4. 一旦オーブンから取りだし、割いたチーズを乗せ、再びオーブンに戻し、2,3分焼く。(今回はシュレッドモッツァレラチーズを使用しています)塩を振って出来上がり。

      f:id:msnokka:20200121115534j:plain 

 

 

 

 

 

よろしければクリックお願いします!

  にほんブログ村 料理ブログへ

世界最高のケーキを超えるノルウェーのサクセスケーキ

f:id:msnokka:20200122125116j:plain

 

 

 

 クリスマスシーズンにノルウェーの世界最高のケーキを紹介しました。

 

msnokka.hatenablog.com

 

 

ノルウェーの国民的ケーキに選ばれたのをきっかけに、世界中で世界最高のケーキと騒がれた(?)クヴァ―フィヨルドカーケ。

個人的には今回紹介するsuksesskakeの方が圧倒的に好きです。

生クリームが好きか、カスタードクリームが好きかの違いでしょうか。

私だけでなくモッカ家ではこちらの方が好まれています。

土台はメレンゲ+アーモンド、クリームは小麦粉を使わないカスタード?バター?クリームでできています。

メレンゲの軽さ+クラッシュアーモンドの歯ごたえ+萩の月を思わせるクリームの濃厚さが絶妙なバランスで、ワンホール食べたくなるほどの絶品。

 

真っ黄色なんでイースターによく作られますすが、サクセスケーキという名が受験シーズンにぴったりだと思い、あえてこの時期に作りました。

 

 

 材料(24㎝型) 


  土台

  • 卵白(L) 4個分(Sの場合5個分)
  • 粉砂糖 150g
  • アーモンド(皮つき) 150g

 クリーム

  • 卵黄(L) 4個分(Sの場合5個分)
  • 生クリーム 3/4dl
  • 砂糖 1/2dl
  • バニラシュガー/バニラエッセンス 小1/数滴
  • バター 150g

 

 

 

 作り方


  1. 卵白を泡立ててメレンゲを作る。アーモンドをブレンダーで細かく砕き、粉砂糖を混ぜ、メレンゲに加える。泡を潰さないよう気を付けてヘラで混ぜる。

     

     

  2. クッキングシートを敷いた型に流し入れ、160℃のオーブンの下段で30~35分焼く。冷めたら型から取り出す。

     

     

  3.  バター以外のクリームの材料を小鍋に入れ、かき混ぜながら強めの弱火で煮立てる。

    f:id:msnokka:20200122125231j:plain

     

     

  4.  煮立ってとろみがついたら火から下し、バターを加える。混ぜながら溶かす。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、完全に冷えてもったりするまで待つ。

    f:id:msnokka:20200122125224j:plain

     

     

  5. 4を2の上に拡げる。デコレーションはお好みでどうぞ。

    f:id:msnokka:20200122125439j:plain

     

     

間違って土台を作っている時の写真を全部消してしまいショックです。 

 一般的なレシピで作ると喉が焼けるほど甘いので、モッカバージョンはクリームの量を半分以上減らしています。

クリームは固めのものが主流ですが、個人的には緩め、もしくはソース系の方が土台と絡むので好きです。

 

 

 

 

 

よろしければクリックお願いします!

  にほんブログ村 料理ブログへ

レモンとセージのパスタ

    f:id:msnokka:20200118115504j:plain

 

 

写真が焼きそばに見えるのは全粒粉100%のスパゲティを使用しているからです。

日本だと全粒粉は高いので買ったことなかったのですが、こちらは割と安いものもあるので、我が家のパスタは常に焼きそば色です。

見た目もよろしくないし、茹でる時間は若干長いし、ツルツルさに欠けて味も普通のものには劣りますが、北欧料理は高カロリーなものが多く、休み時間にもお菓子がテーブルの上にどさっと置いてあることが多いので、パスタくらいはヘルシーなものにしようというちょっとした心がけです。

 

 

このパスタは先週帰宅が遅めだった時に作りました。

ご飯は炊くのに時間がかかるけど、パスタって時間が無いときにちゃちゃっとできるし、お腹もいっぱいになるので助かります。

今回はフレッシュセージを使いましたが、乾燥のものでもかまいません。

さっぱりしたものが食べたい時にどうぞ。

 

 

 

 材料(3~4人分)


  • パスタ 3、4人分
  • バター 40g
  • オリーブオイル 大2
  • ニンニク 1~2片
  • セージの葉/ドライセージ 20枚程度/小2
  • レモン汁 大2
  • レモンの皮 半個分
  • パスタの茹で汁 1dl
  • 塩 小1
  • 粗挽き胡椒 適量
  • パルメザンチーズ/粉チーズ 適量

 

 

 

 作り方


    1.  パスタを表示より若干短い時間茹でる。使用したセージの量はこのくらい。

      f:id:msnokka:20200118114853j:plain

       

       

    2. みじん切りにしたニンニクを、バターとオリーブオイルを熱したフライパンで弱火で炒める。セージを加える(ドライセージを使う場合はパスタ投入後に加えてください。夫と話していたらニンニクが若干焦げてしまいました。焦がさないように注意してください)

      f:id:msnokka:20200118114902j:plain

       

       

    3. ゆで汁とパスタを加え、1分ほど茹でたら塩胡椒で味を調える。皿に盛りつけてパルメザンチーズ/粉チーズをたっぷりかける。

       

       

 

 

 

 

 

よろしければクリックお願いします!

  にほんブログ村 料理ブログへ